育毛商品

頭皮ケアと薄毛に効果のある情報

頭皮ケアと薄毛頭に本当に髪が生えるパワーがあった情報

頭皮ケアを行い薄毛予防する

読了までの目安時間:約 5分

髪が生える頭皮ケアについて、私の実践内容を解説します。

 

自分でいうのもなんですが、20代に薄毛になりかけたものの、無事回復させた体験からいえることは、

 

「正しい頭皮ケアで、ハゲにならない」

 

と言えます。

 

 

私のように、強いハゲ遺伝子を体内にもっていても、平均値までは努力で行けるのです。

 

私が重要と思う頭皮ケアの3大ポイントを挙げます。

 

1.適切なシャンプー

 

2.育毛成分の摂取

 

3.イノシシ毛ブラシと指による頭皮刺激

 

以上の3つです。

 

 

 

今日は、1の「適切なシャンプー」について、私の考えを書きましょう。

 

まず、第一に理解したいことは

 

 

「シャンプーでは髪が生えることはない」ということです。

 

 

多くの育毛シャンプーは、宣伝を見ると、

 

「このシャンプーを使えば、髪の毛が生えるのではないか?」

 

と消費者に思わせるような作り方をしています。

 

 

 

意図的に「そう、思わせる作り方」だと思うのです。

 

 

でもね。

 

シャンプーではハゲ体質を改善することはできません。

 

 

 

 

できるのは、頭皮を清潔にすることなのです。

 

「では、シャンプーはそれほど重要ではないのか」

 

と言われると、とんでもない。

 

非常に重要なのです。

 

というのも、粗悪なシャンプーが世の中にはたくさんあるから。

 

そして、

 

粗悪なシャンプーを使うと、ハゲを治すどころか、ハゲを促進するのです。

 

粗悪なシャンプーを使っている限り、ハゲは治せない。

 

 

 

 

粗悪なシャンプーを使うくらいなら、むしろ「お湯だけで洗う」ほうがよいです。

 

そういえば2~3年前に、シャンプーをやめればハゲは治せるというような本が出ていましたね。

 

 

 

 

 

実際にお湯だけで洗う人も増えているようです。健康雑誌に出ていました。

 

私はお湯だけで洗うことで「ハゲが治せるとは思いません」。

 

でも、粗悪なシャンプーで洗うよりは100万倍好ましいことなのです。

 

どのような育毛シャンプーを使えばよいのか?

 

2000円以上5000円以内の「育毛シャンプー」であれば、問題ないでしょう。

 

というのも、昭和56年の薄毛発覚から35年。

 

35年の間にはいろいろなシャンプーを使ってきましたが、どれもよかったです。

 

一定の値段のものは品質が良い。

 

市販のスーパーにおいてある1本348円などのシャンプーは使わないようにしたらいいのです。

 

 

 

 

消耗品なので、いろいろと試してみればいいのです。

 

ただし、過剰な期待はしないことです。

 

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報
育毛と発毛のために
育毛と発毛のための製品